空いている土地を有効活用するために

居住用の賃貸で活用する

空いている土地の活用としてあげられるのがアパートやマンションの経営です。建築物などの初期費用はかかりますが、居住用の賃貸は空き室がなければ収益性が高く安定した収入が見込めます。入居や物件の管理などは委託も可能なのでリスクが少ないといえます。
戸建の賃貸経営の場合は、入居者がファミリーが対象となり長期的な契約が見込めます。入れ替わりが少ない物件ですが、空室の期間がながくなると収益性は低くなるので注意が必要です。
近年の少子高齢化社会を受けてサービス付き高齢者住宅経営という方法もあります。介護のサービス事業者と連携が必要になりますが高齢者の増加で安定した需要が見込まれ、建築する際には補助金の対象になる場合もあります。

売却も活用のひとつ!

空き地の活用法として駐車場経営があります。初期費用が少ない月極の駐車場や、大掛かりな設備が必要なコインパーキングがありますが、コインパーキングの場合は駐車場の専門業者に運営を委託する方法もあります。
荷物などの収納場所を提供するトランクルームや貸倉庫は、利用者が集まればコストがかからないため高利回りも期待できます。狭い土地でもできる土地の活用方法です。
太陽光発電での売電は、電力会社が一定期間の間、一定の価格で買い取る制度があります。制度の開始された時期よりも設備にかかるコストが減ったこともあり買取価格も下がりましたが、それでも収益率はおよそ10%程度です。
土地の活用は不動産として利用することだけではありません。売却での現金化も土地活用のひとつです。
様々な方法を視野に入れ、総合的に土地を活用していきたいものです。