土地を活用すると税金はどうなる?

固定資産税は土地を活用した方が安くなる

土地は、持っているだけで毎年固定資産税を払わなければならないものです。ただ、土地を住宅にして活用すると、何もしないときと比べて固定資産税が六分の一に減額されます。土地を活用することは社会のためになりますから、その分税金の優遇措置が受けられるという仕組みになっているわけですね。土地活用をすると収入が得られることもありますし、固定資産税が安くなることと合わせて、その経済効果には目を瞠るものがあるはずです。休ませている土地があるなら、積極的に活用していきましょう。固定資産税は安くなりませんが、駐車場なら建物を建てる必要がないのですぐに事業をスタートさせられます。辞めるときにもお金がかかりにくいので、駐車場は立地次第ですがいい選択肢になりそうです。

駐車場や収益物件を運用して儲かれば税金がかかる

駐車場経営やマンション経営をして儲けが出れば、もちろんそこには税金がかかってきます。所得税というものですね。不動産経営は案外経費がかからないものなので、儲けがほとんどすべて課税所得になってしまうのは辛いです。ただ、それでも税金の方が儲けより高くなってしまうことはあり得ませんから、その点は安心をして土地活用をしていけるはずです。固定資産税や都市計画税も取られますが、それでも通常は儲けの方が多くなってプラスが出るはずです。ですから、土地を持っているなら、何も恐れずに活用をしていくといいでしょう。都市部では特に、土地の価値が跳ね上がっています。駐車場も不足ぎみですから、土地を持っている人が積極活用してくれるのはありがたいと言う人が多いです。